ウクレレのチューニングの種類

この広告を削除する

"ウクレレはどのようにチューニングすればいいのでしょうか?" ウクレレを弾き始めたばかりの人が最初に思い浮かべる質問の一つでしょう。正しいチューニングは何なのか?どのウクレレでも同じなのでしょうか?このガイドでは、ウクレレの標準的なチューニング、Dチューニング、LowGチューニング、スラック・キー・チューニング、スライド・チューニング、バリトン・チューニングを学びます。また、ウクレレチューナー「UkuTabs」を使えば、数秒で9種類のチューニングを変更することができます。

ウクレレの標準的なチューニングは何ですか?

ウクレレで最も一般的なチューニングは、g-C-E-A(sol - do - mi - la)です。それぞれの文字は、4本の弦のチューニングのピッチを表しています。最初の文字は、あなたに一番近い弦(4弦)のチューニングを意味します。次の弦(3弦)はC、2弦はE、一番遠い弦(1弦)はAにチューニングされています。

ウクグイデス・チューンノート

このチューニングは、さまざまな名前で呼ばれることがあります。C-チューニング、スタンダードチューニング、HighGチューニング、リエントラントチューニング。表記はgCEAまたはG4 C4 E4 A4です。一方、LowGチューニングは、G音が1オクターブ低く調律されるため、G3 C4 E4 A4と表記されます。

これはウクレレの標準的なチューニングですが、可能なチューニングはこれだけではありません。チューニングは時代とともに変化しており、様々なチューニングが存在します。プレイヤーは自分の演奏スタイルに違った雰囲気を加えるため、実験するため、またはより簡単なため、様々なチューニングをウクレレに使用します。このページでは、主なオルタネイティブ・チューニングの概要を説明します。もちろん、自分で実験することも可能です。

ウクレレ用D-チューニング

今でこそ「オルタネートチューニング」ですが、数年前まではこれがウクレレの標準的なチューニングでした。1920年代や1930年代のウクレレの譜面には、A-D-F#-B (la - re - fa# - si) というDチューニングが使われていることでしょう。このチューニングでは、各弦はCチューニングよりも1音、または1段高くチューニングされています。ソプラノウクレレをADF#Bでチューニングするのが一般的ですが、コンサートウクレレやテナーウクレレもこのチューニングにすることができます。

このチューニングにすることで、よりハワイらしい甘いウクレレサウンドを奏でることができると言われています。ハワイアンミュージックの世界に飛び込むと、このチューニングのソプラノに出会うことがあります。このチューニングはとても良いウクレレサウンドを奏でますが、習得が簡単なことからGCEAに取って代わられつつあります。しかし、DチューンのウクレレではEコードを弾くのはとても簡単です。

ウクレレをGCEAからADF#Bにチューニングするには、A弦を利用してG弦をAにチューニングします。G弦がAにチューニングされたら、他の3本の弦はG弦の基準音を利用してチューニングしてください。

ウクレレ用Low-Gチューニング

このチューニングについては、チューニングのところで簡単に触れています。これはオルタネートチューニングというよりも、gCEAのチューニングを変化させる方法です。一般的なウクレレでは、C弦が最も低い音程を出します。しかし、ウクレレに付属している標準的なGCEA弦では、このようなチューニングはできません。この場合、1弦をLowGの弦に置き換える必要があります。このチューニングはイスラエル・カマカウィウォオレ(別名イズ)の「Over The Rainbow」という曲で使用されているのが最も有名です。

ウクレレ用スラックキー・チューニング

スラックキーギター(キ・ホアル)とは、ハワイの伝統的なギターのチューニングと演奏方法です。ウクレレでもスラック・キー・スタイルで演奏することは可能で、比較的容易に習得することができます。ハワイが発祥の地で、特定の弦をとってデチューンしたり、たるませたり する方法である。

ウクレレ ハワイ スラックキー・チューニング

スラックキー・チューニングには様々なバージョンがありますが、最も一般的に使われているのはオープンGまたはタロパッチです。ウクレレはギターより5段高いチューニングなので、これがCタロパッチに なります。A弦を1段下げてGにチューニングし、開放弦をかき鳴らすと、G-C-E-Gのウクレレスラックキーチューニングになります。

もちろん、これは通常のコード・ポジションがすべて異なることを意味し、フレットを下げずにすべての弦をかき鳴らせば、すでにCコードができています。2つ上のポジションに移動して、2222をフレットするとDコードになります。C-F-Gの基本的な曲を演奏するには、0000, 5555, 6666を使用します。このチューニングはCのキーで演奏するときや、Cのスケールで演奏するときに最適です。また、このチューニングは他の多くの楽器、特にギターにも適しています。

ウクレレ用スライドチューニング

スライドチューニングというと、すぐにスライド奏法を使うためのラップスチールやギターを思い浮かべるでしょう。しかし、ウクレレでも可能なのです。G-C-E-Aの代わりにAをBb(またはA#)にすると、G-C-E-Bbとなり、C7となります。7thコードはブルースの特徴なので、スライドウクレレのチューニングを使えば、ウクレレでスライドブルースを演奏することができます。あまり重くないスライドを使うようにしたいものです。また、ウクレレを横にして、ミニ・ラップ・スティールのように演奏することもできます。重要なのは、スライドがすべての弦をカバーすること、そしてスライドをフレットまで押し込まないことです。スライドウクレレはすべての弦に軽く触れるだけで、演奏することができます。

ウクレレ with スライドブルース スライドチューニング

このチューニングでは、AをBbに上げているので、注意が必要です。別のチューニングを試すときは、必ずゆっくりとチューニングを上げるようにしてください。チューニングを上げすぎると、弦が切れたり、楽器が壊れたりする可能性があります。ウクレレではBbまで1.5ステップ上がるだけなので、それほど大きな問題ではありません。このユニークなスライドチューニングは、ウクレレで素晴らしいスライドブルースを演奏することを可能にします。このチューニングはコンサートウクレレ、テナーウクレレ、バリトンウクレレに最適で、ソプラノは少し小さいかもしれません。

バリトン GCEA

バリトンウクレレは通常d-G-B-Eというチューニングで、Gチューニングとも呼ばれます。大型のウクレレでは一般的で、ギターの下4本の弦と同じルート音が出ます。しかし、バリトンウクレレをgCEAにチューニングすることももちろん可能です。ただし、バリトンウクレレに標準的なdGBE弦を張ってしまうと、万が一にも弦が切れてしまったり、最悪の場合4段上のチューニングになってしまい、ウクレレを壊してしまう可能性があるので、このチューニングはしないでください。

dGBEにチューニングされたオリジナルのバリトンウクレレは、ウクレレというよりむしろテナーギターのようなフィーリングです。GCEAのバリトン弦を使えば、バリトンウクレレでもウクレレのようなサウンドが得られます。また、GCEAの弦はdGBEと比較して巻き線(金属)弦ではないので、指先が喜ぶというメリットもあります。

月に向かって!

ウクレレには標準的なCチューニング以外にも様々なチューニングがあります。標準的なGCEAチューニングにこだわる人もいますが、試してみて損はないでしょう。音楽理論をより深く理解し、批判的に考えることができるようになります。独自のチューニングを作らない理由は何ですか?例えば、James HillはLowA(A3-D4-F#-B4)チューニングで知られています。様々なチューニングを試し、そのチューニングでの様々なコードフィンガリングを学ぶことで、あなたのウクレレ演奏は新たな創造的なレベルに到達するでしょう。

もっとご意見をお聞かせください。

このガイドが、ウクレレのチューニングの主な違いを説明し、あなたがチューニングを試してみるきっかけになれば幸いです。

あなたにぴったりのバリトンウクレレを購入するために必要な情報があれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

また、ウクレレのチューニング方法にも興味があったり、9種類のオルタネートチューニングができるウクレレチューナー「UkuTabs」を使ってすぐに特別なチューニングにしたい方もいらっしゃるかもしれません。

ご質問はありますか?

サブスクライブ
通知する
ゲスト

1 Comment
最多得票
Newest Oldest
インラインのフィードバック
すべてのコメントを見る
この広告を削除する
私のデータを売らないでください