ウクレレ・ハーモニックの弾き方

この広告を削除する

昔、ギターを弾いていて、タブを探していると、「ハーモニックノート」というものに出会うことがあります。Wikipediaによると、これは「ギターの弦の特定の倍音の振動を妨げたり、増幅したりして演奏される音」だそうです。ハーモニクスは、演奏している曲をより高いレベルに引き上げることができます。キメのある音を加えることで、より変化に富んだものにするのです。ウクレレ にもハーモニクスは存在します。

ギターとウクレレのハーモニクス

ウクレレはギターと同様、弦楽器です。つまり、ウクレレでもハーモニックスを奏でることが可能なのです。ハワイのラップスティール演奏ではよく知られた奏法です。ウクレレのハーモニクスは非常に高い音が含まれており、音質が異なります。

ただ、ウクレレは指板が短いので、ハーモニックスを演奏するのは少し難しいですね。

ナチュラル・ウクレレ・ハーモニックス

ここまではいいのですが、実際にウクレレで演奏するにはどうしたらいいのでしょうか。まず、フレットを弾く手の指(できれば人差し指)を、弦にほとんど触れない程度に軽く当てることで、ハーモニクスを作り出すことができます。このとき、指を置く位置はとても重要で、正確に置く必要があります。

ウクレレで12フレットでハーモニックを奏でる

ウクレレのハーモニックを最も簡単に出す方法は、12フレットにあります。そこで、12フレット(フレットとフレットの間ではなく、12フレットの真上)の弦を軽く触ってみてください。次に、触れている弦を右手で弾きます。その直後に、指(左手)を持ち上げてください。

正しくできていれば、開放弦から1オクターブ(または12フレット)上の倍音(キメの音)が聞こえるはずです。このように聞こえるはずです。

最初からうまくいかない?心配しないでください。適切な圧力と、弦を弾く/離すタイミングを見つけるために、何度も挑戦してください。圧力が足りないと、開放弦を弾いてしまうことになります。強すぎると音が出ません。

理論的には、12フレット、9フレット、7フレット、5フレット、3フレットでハーモニクスを作り出すことができますが、中にはかなりトリッキーなものもあります。7フレットではこのように、開放弦より19フレット高い音で鳴るはずです。

5フレットでは、開放弦より24フレット、つまり2オクターブ高く聞こえます。下のサウンドバイトでお分かりのように、完璧に鳴らすのはとても難しいのです。

人工ハーモニクス

ウクレレ演奏

ウクレレのナチュラルハーモニクスがどのようなものか、ご理解いただけたでしょうか?しかし、ウクレレのフレットボード上では、演奏できるハーモニックスの音数は非常に限られています。そこで登場するのが人工ハーモニクスです。人工ハーモニックスを使えば、指板上のさまざまな場所で、さまざまなハーモニクス音を演奏することができます。

人工和音を演奏するには、2つのステップがあります。

  1. フレッティング

    いつもと同じように(フレットを弾く手で)音を鳴らすだけでいいのです。

  2. そして、ハーモニクスを奏でる

    基本的にはナチュラル・ハーモニックスと同じ動作を、片手(かき鳴らす手)で行うことになるので、これは厄介なことです。人差し指を立てて、音を出します。

これは12フレットで人工ハーモニックを鳴らす方法ですが、7フレットや5フレットでも試してみることを止めることはできません。

これにはさまざまなテクニックがあります。自分に合ったものを使えばいいのです(あるいは、自分なりのテクニックを使うのもいいでしょう)。

例えば、人差し指で弦を押さえ(例:ナチュラルハーモニクスではフレットを弾く指だった)、薬指や中指でピッキングすることができます。もちろん、親指や小指でも大丈夫です。

人差し指の代わりに、他の指でやってみてもいいかもしれませんね。私は、人差し指で弦に触れ、親指でピッキングするのが好きです。自分に合ったポジションで、練習を続けるのがコツですね。

さて、この「アクション」は、叩く手のどこで行うのでしょうか?このアクションは、現在フレットを打っている位置から12フレット上(上記のステップ1、2段落参照)で行い、ハーモニクスで演奏することになるでしょう。5フレットや7フレット上でも可能ですが、前述したように、これらのハーモニクスは正しく演奏するのが少し難しくなります。

最後に、これらのウクレレのハーモニクスは、どのようにタブで表示されるのでしょうか?

和音記号を見たことがあっても、その意味がわからなかったのでは?さて、これでわかるはずです。和声音はタブ譜では菱形の「♦」で表記されます(これはテキスト記号なので簡単に入力できます)。以下に、テキスト・タブ譜でどのように表示されるかの例を追加しました。

xA|------------------♦12--|
xE|-------------♦12-------|
xC|-------♦12-------------|
xG|--♦12------------------|

このシーケンスでは、開放 C 弦を 12 フレットで人工ハーモニックと一緒に演奏します。次に、2フレットでフレットを押さえ、14フレットで人工的なハーモニックを演奏します。次に、4フレットを指さし、16フレットで人工ハーモニックを演奏します。

xA|------------------|------||
xE|------------------|------||
xC|--♦0--♦2--♦4--♦2--|--♦0--||
xG|------------------|------||
  
  C D E D C

これらのコツをつかめば、ハーモニクスを使った曲の演奏ができるようになります。

xA|-----------♦0--|-----------♦2--|--♦3-----------||
xE|--------♦1-----|--------♦1-----|--------♦0-----||
xC|-----♦0--------|-----♦2--------|---------------||
xG|--♦2-----------|--♦0-----------|-----♦0----♦0--||
  
  a c f a g d f b c g e c

不思議な音のハーモニックの正体と、それをウクレレでどう演奏するのか、ご理解いただけたでしょうか?

もっとご意見をお聞かせください。

ウクレレ・ハーモニックスの演奏について、もっと情報が必要なときはいつでもお気軽にご連絡ください。

ご質問はありますか?

サブスクライブ
通知する
ゲスト

3 Comments
最多得票
Newest Oldest
インラインのフィードバック
すべてのコメントを見る
この広告を削除する
私のデータを売らないでください