難しいウクレレのコードを簡単にする、5つの簡単なコツ

この広告を削除する

誰もが経験することです。ウクレレを習い始めたばかりで、ネットで弾きたい曲を探している。しかし、その曲には弾きにくいコードや聞いたことのないコードネームがたくさんあることに気づきます。これではやる気も失せてしまいます。

このクイック・ガイドでは、コードを、時には素直に剥ぎ取るための5つのコツを紹介します。どんな曲にも適用でき、弾けるようになるまでコードを分解し続けます。このガイドではCを例にしていますが、すべてのコードに応用できます。もちろん、あなたがウクレレの基本的なコードを知っていることを前提にしています。

1.ウクレレコード拡張を削除する

ウクレレ・コード・ダイアグラムのページを見ていると、数字が入った名前がたくさん出てきます。例えば、m7, 9, maj9, 13th, 11th... などなど。これらの余分な音は、特定のコードにジャズ的な感じを加えたり、7thコードの場合は、曲の雰囲気を良くする効果があります。

メジャーコード、マイナーコード、ドミナントセブンスコード、オーグメンテッドコードの4つに分けることができるのです。このライフハックの要点は、置換を解除して主和音に戻すことです。

  • メジャーです。C=C6、Cmaj7、Cmaj9、C6/9、Cmaj7/9
  • マイナーCm=Cm6、Cm6/9、Cm7、Cm9、Cm11
  • ドミナント7thC7 = C9, C13, C9(11+), C11+.
  • オーグメンテッドC = Caug7、C7+、C7+5、C9+、C9+5、C+9

2.パワーコードを活用する

パワー・コードは最もシンプルなコードの1つです。ルート音と5th音の2つの音で構成されるのが一般的です。そのため、一般的には例えばC5と呼ばれることが多いです。メジャー・コードやマイナー・コードの特徴である3rdがないことに注意してください。このように単純化すると、パワー・コードはどちらにも使えるということになります。また、サスペンデッド・コードやセブンス・コードの代わりにも使うことができます。

  • パワーコードC5=C、Cm、Csus4、C7

3.付加音の無視

後ろに "add "が付いているコードは、通常のトライアド・コードに音を1つ追加したものです。追加された音を無視して、ルートのトライアド・コードを演奏することができます。

  • 追加:C=Cadd9, Cadd4, Cadd2
  • 追加:Cm=Cmadd9

4.スラッシュノートを無視する

スラッシュ・ノートも同様です。標準的なトライアドのコードに音を加えたものです。ただし、この場合、付加音は最低音のベース音となり、ベース音上のトライアドとも呼ばれます。スラッシュ・コードは全く別次元で、熟練者でも難しいかもしれません。無視して、スラッシュの左側にあるルート・コードを使用します。

  • スラッシュコードC = C/B

5.括弧内のほとんどのものを無視する

ほとんどの場合、括弧で囲まれたものは無視しても大丈夫です。これは、単一の数字から追加のコードに至るまで可能です。残ったコードがまだ弾きにくい場合は、上記のいずれかのステップを踏んで、さらに簡略化します。

ただし、「(no 3rd) 」とあるのは、パワーコード(上記のパワーコードの定義参照)を得るために3分音符を落とすことを意味します。これを無視すると、マイナー・セクションの上にメジャー・コードを演奏することになります。(b5)、(#9)、(b7#9)も同様です。

ボーナスチップ

一度に複数のシンプリフィケーションを行うのも自由です

  • D6/F#は、チップ4でD6になり、チップ1でDになります。
  • F#m7(11)はチップ5でF#m7になり、チップ1でF#mになります。
  • Esus4/Aは、チップ4でEsus4となり、チップ2でE5となります。

もっと入力が必要

指のこわばりや温活について知りたいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

ウクレレの基本的なコードやウクレレタブ譜の読み方にも興味がある方。

ご質問はありますか?

サブスクライブ
通知する
ゲスト

4 Comments
最多得票
Newest Oldest
インラインのフィードバック
すべてのコメントを見る
この広告を削除する
私のデータを売らないでください