ウクレレの弦を交換する方法

この広告を削除する

ウクレレの弦を交換する方法を知りたくはありませんか?ウクレレを始めたばかりの頃は弦を張り替えるのは大変ですが、弦を張り替えることで音に新たな広がりが生まれます。さらに、一度交換すると演奏がもっと楽しくなるはずです。このガイドでは、ウクレレの正しい弦の張り方を出来るだけ詳しく説明します。

ウクレレの弦の種類と購入時の注意点を確認しましょう。

ウクレレ弦交換クイックガイド

古きを捨て、新しきを得る。これらは、あなたが取るべきステップです。

A.古いウクレレの弦を外す

古きを捨て新しきを得る!ウクレレの弦を交換する際に必要な手順です。

  1. 紐を緩める

    チューニングキー(チューニングペグ、マシンヘッドとも呼ばれる)を弦が緩むか、完全に巻き取られるまで解き放ちます。

  2. ブリッジに弦を押し通す

    弦が十分に緩んだら(またはチューニングキーから外れたら)、ブリッジの穴に弦を押し込んでください。

  3. 文字列を削除する

    これで、ウクレレの弦の結び目を外し、安全に弦を外すことができます。これを4本の弦全てに繰り返します。

  4. 糸を切る

    あなたは大胆な人ですか?弦がウクレレに完全に巻きついている状態で弦をカットする人もいます。弦の2つの部分(ヘッド部分とブリッジ部分)を外すことができます。しかし、この方法はお勧めできません。

B.新しい弦を張る

ウクレレの弦交換の手順
  1. ブリッジにストリングを挿入する

    新しい弦を手に取り、駒の穴から差し込みます。どちら側でもかまいませんが、長い方の端がヘッドストック側に、短い方(2〜3インチまたは5〜7センチ)が楽器の底に来るようにしてください(1)。

  2. 結び目

    ウクレレの弦交換で一番苦労するのがこの作業です。多くの人が結び方に苦労しています。ここでは、その方法を説明します。 - 弦の短い方の端を長い方の端に巻きつけます(2)。 - 次に弦を2回巻きつけます(3、4)。 - 短い方をブリッジに当て、長い方を強く引っ張り、きちんとロックされていることを確認します。この弦はどこにも行きません。

  3. チューニングペグの調整

    次にチューニングペグを調整し、穴をウクレレに合わせます(穴は楽器の上部と下部を指すようにします)。

  4. チューニングペグに弦を差し込む

    弦の長い方の端を穴に通し、2~3フレット後ろに引きます。そうすると、ペグに巻き付けるのに十分な弦の長さになります。

  5. ウクレレをチューニングする

    最終ステップに到達しましたペグを回してチューニングヘッドに弦を巻きつけます。最初の巻きつけは、弦が飛び出している部分の上を通します。最初の1回は、弦が飛び出している部分の上に巻き、残りの1回は、その下を通します。ウクレレを正しくチューニングし、余分な弦を慎重に切り落とします。ウクレレの弦を交換するとき、このようなことが起こります。

C.チューニングを維持する

新しい弦を張ると、最初の数回はたいてい楽器を再チューニングする必要があることに気がつきます。弦を途中で伸ばすと、この作業を早くすることができますが、注意が必要です。数回弦を伸ばし、チューニングをし直せば完了です。ウクレレの正しいチューニング方法はこちらをご覧ください。

古いウクレレや全くセットアップされていない新品のウクレレをお持ちの場合、チューニングがうまくいかないことがあります。この問題を解決するには、チューニングキーのネジを締めることです。

ブリッジピンを使ってウクレレの弦を交換する方法とは?

ブリッジピンのあるウクレレでは、弦の交換は難しく見えるかもしれませんが、実はその逆です。弦を取り外すには、まず弦を緩めます。チューニングキー(チューニングペグ、マシンヘッドとも呼ばれます)を弦が緩むか、完全に巻き取られるまで緩めます。次に、ペンチでブリッジピンを取り出します(専用の道具もありますが、ペンチでも十分です)。プライヤーの歯と歯の間に薄い布を挟むと、ブリッジピンの跡が残らないのでおすすめです。これで弦を穴から、そしてウクレレから安全に取り外すことができます。

ブリッジピンを使ったウクレレの弦の張り替え方

弦の端に小さな結び目があるか、小さな金属の円筒形の部品があることに気がつくでしょう。もし、円筒形の部品がない場合は、新しい弦に1つか2つの結び目を作り、その弦のチューニングのためのそれぞれの穴に戻してください。

ウクレレの弦を結び、ブリッジピンを使ってウクレレを固定します。

最後にブリッジピンをブリッジに押し戻し、弦を引っ張り、しっかりとフィットしていることを確認します。チューニングペグに弦を差し込み、チューニングします。

ウクレレの弦はいつ交換するのが良いのか?

ウクレレをいつ再収納するかは、あなた次第です。あなたがどれだけウクレレを弾くか、どれだけハードに弾くかによって異なります。ある人は数週間ごとに交換し、ある人は数カ月待ちます。私は4-6ヶ月に1回交換しています。

当然ですが、ウクレレの弦が切れたときには交換を検討する必要があります。その際、1本だけ交換するのではなく、他の弦も消耗していると思われるので、一度に全部の弦を交換しましょう。また、チューニングの回数が増えたら、弦を張り替えたほうがよいでしょう。

高品質のナイロン製ウクレレ弦で最も有名なブランドは、Aquila(ソプラノコンサートテナーバリトン)とD'Addario(ソプラノコンサートテナーバリトン)です。安定性、耐久性に優れ、暖かく伝統的なウクレレサウンドを奏でます。

もっとご意見をお聞かせください。

ウクレレの弦交換については、いつでもお気軽にご相談ください。

また、ウクレレの正しいチューニング方法についても教えてください。

ご質問はありますか?

サブスクライブ
通知する
ゲスト

1 Comment
最多得票
最新 最も古い
インラインのフィードバック
すべてのコメントを見る
この広告を削除する
私のデータを売らないでください